2019年04月17日

日本経済、滅びの道を




日本は、二十年前のGDPが500兆円ありました。
そして、いま、GDPは500兆円であり、20年間、まったく成長していません。
アメリカは、二十年前のGDPが700兆円ありました。
そして、いま、アメリカのGDPは1800兆円に成長しています。

アメリカは積極財政をし、日本は緊縮財政をしたからです。
日本の緊縮財政は、財務省が主導し、政治家もこれに洗脳されて、
日本には借金問題があるとだまされてきました。

ところが日本はバランスシートでは300兆円の黒字国であり、
世界最大の債権国です。ギリシャが財政破綻したのは、外貨建て国債を
返せなくなったからですが、日本は円建ての国債なので通貨発行権のある
日本が、返せなくなることなどありえません。

また国債発行が続けば金利が上昇すると経済学者が主張したことは
すべて間違いだったことがすでに明らかです。金利は下がり続けているのです。
日本は今デフレなので政府は国債発行して公共事業を行って、
国内の需要を喚起する必要があるのに、財務省はプライマリーバランス黒字化と
いう狂った目標で政府を縛り、国民を貧困化させています。

この二十年で実質賃金は15パーセントも下がりました。
今も下がり続けています。


緊縮財政をやめて、毎年20兆円ずつ公共事業をして、
道路渋滞を解消し、国道や高速をすべて四車線にし、
新幹線を全国津々浦々に張り巡らせて、岩手に国際リニアコライダーを誘致し、
移民政策をやめて人手不足のままにすれば生産性向上、賃金上昇が達成できるのです。
この本をすべての政治家、官僚は読むべきです。


posted by 楠木謙一朗 at 22:24| 政治

2018年12月30日

オールドメディア・反日の現在

日本の国にとってもっとも害毒なのはオールドメディアであると
多くの識者が主張してます。
こちらの動画をぜひご覧ください。



石井孝明(ジャーナリスト)  
小野寺まさる(チャンネル北海道キャスター・前北海道議会議員)  
掛谷英紀(筑波大学システム情報系准教授)  
我那覇真子(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員 / 日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター)  
西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師)  
水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)  
宮脇睦(ITジャーナリスト)
司会:水島総
posted by 楠木謙一朗 at 00:34| 政治

2016年12月26日

歴代天皇が引き継いできたもの

天皇陛下が国民の幸せと世の中の平穏を祈り続けておられることを
知る国民は少ないです。
歴史と切り離されて外国魂(とつくにみたま)になりさがった臣民。
皇位継承をめぐる混乱もこうした中で出てきたものでしょう。

皇室の存在意義についての理解もほとんどなく、
皇室を大切に思うどころか、なくなってもいいと思う若者さえも
最近は、あちらこちらに見かけるようになりました。

愛国心がなく、道義心や信仰心もなく、
ただ、お金や物だけに価値を感じ、刹那的に生きるような
若者が育つようになったのはひとえに、戦後教育の歪みのせいです。











タグ:皇室 愛国心
posted by 楠木謙一朗 at 19:50| 皇位継承